より高く売るために|マンション売却で心機一転|思い出を残して

マンション売却で心機一転|思い出を残して

より高く売るために

集合住宅

日本でも特に地価が高いことで知られている23区内でも、渋谷の地価は群を抜いています。23区全体の平均地価は400万円台なのですが、渋谷の平均地価は1000万円ほどとなっているのです。それだけ高価なので、渋谷ではマンションの価格も高めとなっています。しかもタワーマンションも多く、この場合は景色が良く防犯面でも優れている高層階だと、さらに価格が高くなる傾向があります。しかしだからこそ渋谷には、住宅ローンや維持費の問題で、マンションを売却する人も多くいるのです。また、地価が高いということは、需要が高いということですから、売却時には購入時よりも価格が高くなっていることも少なくありません。そのため渋谷には、投資用としてマンションを購入し、高く売却するという人もいるのです。

投資用の場合はもちろん、維持が困難になった場合も、マンションはできるだけ高く売る必要があります。そのため渋谷でマンションを売却する人の多くが、複数の仲介会社に査定を依頼しています。その中で最も高く査定した仲介会社に、売却の仲介を依頼するわけです。ただし、なぜ査定結果が他社よりも高いのかを確認しておくことが大事です。その仲介会社に、購入を強く希望している人とのつながりがあったりと、高く売れる根拠がある場合に、査定結果は信憑性のあるものとなるのです。また、複数の仲介会社を比較しているという事実を伝えることで、儲け口を逃さないために仲介手数料を値引きするというところもあります。たとえ0.1%の値引きでも、渋谷のマンションはもとが高価なので、大きな金額となります。