不動産の正確な測量|マンション売却で心機一転|思い出を残して

マンション売却で心機一転|思い出を残して

不動産の正確な測量

レディー

土地家屋調査士とは、土地や家屋の状態が、登記簿に記載されている内容と異なっていないかどうかを調査する専門家です。東京では、この土地家屋調査士による調査に、高い需要があります。というのも地価の高い東京では、不動産の売買における測量が、非常に重要となっているからです。たとえば隣家の垣根などがせり出してくることで、土地が本来よりも狭くなってしまっていることもあります。このような土地を購入する場合、利用できる範囲が狭くても、登記簿上の面積で価格が算出されることになります。そのため金銭面では損となりますし、隣家とのトラブルが発生する可能性もあります。こういったトラブルを回避するために、東京では多くの人が、土地家屋調査士に調査を依頼して、慎重に不動産の売買をおこなっているのです。

また土地家屋調査士による調査は、不動産の売買だけでなく相続においても、トラブル回避に利用されています。たとえば土地を兄弟3人で相続することになった場合、それを3等分するためには、正確な測量が必要となります。もちろん広さだけでなく、相続する土地が複数あった場合には、それぞれの土地の価値も考慮しながら分けることが大事です。土地家屋調査士には、こういった調査も任せることができるのです。正確な調査結果が出てくれば、それをもとに兄弟で公平に土地を分けることができるため、相続争いが起こる可能性が低くなります。さらに東京には、人口が多い分、住宅のリフォームをおこなう人も多くいます。そしてリフォームによって家屋の床面積などが変更になった場合には、登記簿でも書き換えが必要となります。その申請のためにも、土地家屋調査士による調査が役立つのです。